様々な美容整形外科の利用法|俄然やる気と美意識が高まります

女の人

レーザーや切除で治療可能

鏡を見る婦人

種類や治療法を理解する

美容整形外科でのイボ治療にはいくつか種類があります。美容整形外科によって、どの治療法を採用するか違いもあるため、治療法についての知識を持っておくのは名医を選ぶ上でも役立ちます。最近のイボ治療は、小さいものは炭酸ガスレーザー機器などを使用したレーザー治療が一般的です。大きいものは切除、縫合というメスを使った手術が広く採用されています。メスを使う場合は出血を想像する人もいますが、最近の治療では電気メスを使用しており、イボの切除後も出血はほとんどなく、ダウンタイムも昔に比べてかなり短くなっています。そしてもう1つ、美容整形外科でのイボ治療の前に理解をしておきたいことが、イボの種類についてです。よく美容整形外科で除去を相談する人が多いものに、老人性疣贅と呼ばれる症状があります。名称からも分かる通り、このイボは加齢によって現れるものです。皮膚の老化現象を原因としており、基本的に良性のものがほとんどですが、中には悪性のものもあるので医師の診断を受けて判断します。顔面や腕、手の甲などに特に現れやすいことで知られています。また尋常性疣贅と言われるイボも非常に多い症状です。美容整形外科でも除去を多く行っています。手足の関節といった擦り剥きやすい箇所に特にできやすく、円形をしています。時間が経つにつれ、次第に硬くなり表面が削られてザラザラとするのが特徴です。このようにイボにも種類があるので、美容整形外科に相談したときに的確な診断を受けて、症状に対応した治療を受ける必要があります。

保険適用の有無にも注意

比較的美容整形外科の治療の中でも簡単で、時間も掛からないのがイボの治療です。しかし体にレーザーを照射したり、電気メスを入れる施術のため、体にも負担が掛かります。それだけに治療にあたっては注意したいことも多くあります。イボ治療の注意点の1つ目に、保険適用がされるケースとされないケースがあるため詳細について調べておくことです。保険適用の有無は基本的に治療法や患部によって変わってきます。例えば首イボの場合は、炭酸ガスレーザーによる除去手術が多いですが、この場合は保険適用がされないので注意を要します。ただし厚生労働省の認可しているレーザー機器を用いた場合は保険が適用されます。また液体窒素やメスによる切除も適用されるケースがあります。次に2つ目の注意点として、美容整形外科でイボ治療を受けた後は、医師の指示に全て従うことです。レーザー治療をした場合はアイシングが必要になり、指定の時間は患部を冷やす必要があります。電気焼却治療の場合は患部にピリピリとした痛みがしばらく残ることが多いため、クリームや局所麻酔テープが渡されます。これらも指定の時間塗布、あるいは貼っておくようにします。そして3つ目の注意点に、かさぶたを無理に剥がさないことです。液体窒素や電気凝固によるイボ治療では、患部にかさぶたが次第に形成されます。このかさぶたができておおよそ1週間から2週間経つと、傷が閉じて上皮化します。この間に無理にかさぶたを剥がすと、治りが遅くなるので気をつけておきましょう。